忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/24 19:07 】 |
京都に行ってきました 2014 その4
舞妓体験の後は、幾岡屋さんに行って簪を物色。


帯に指す扇子と簪。
早速そこで挿して。


その後は切通し進々堂で赤いーのときいろいーのを完食。

その次丸平文庫。
江戸時代から続くひな人形屋さんが展示室を作ったというので行ってみました。
※要予約
三人官女のような作りで五節の舞姫を作っていたのがすごかったです。
そこの人が有職の話を紙芝居のように資料を見せながらしてくれるのですが、
それがですね、すっごおおおおおおく くどい!長い。
知っていること85、知らないこと15、という感じでした。
でも専門用語いっぱいで他の方は楽しかったのでしょうか。疑問です。
丸平のお店自体ももうやめてしまうそうです。
それで展示室を作られたとか。

次大西京扇堂。
店員さんがやる気なさすぎてあれでしたが
夏用扇子を購入。

渋目でシンプルな紙のが欲しかったので。

十三やで櫛を購入。

今持ってるものより目の細かいものを。

閉店ギリギリで祇園屋に到着。
場所がややこしくて毎回迷う。

舞妓さんの口紅を購入。
棒状に固まっているので筆で塗ります。

3日目~

京都ふれあい館。
工芸品を展示してあります。
特に感動なし。

京都アスニー。
建物がややこしかったですがなんとか到着。
風俗博物館行っていたらもういかなくていいかな…

小倉百人一首時雨殿。
人形が綺麗。

 輿がありました。入れたのでぱしゃり。

なんじゃこりゃ。

かんざしはこんなかんじです

袿体験もできます。
なんだかよく分からない格好になってますけど…

 
周辺のおみやげ屋さんで購入。
三千円ぐらいでした。


和風の折りたたみ傘が欲しかったので購入。
着物の柄と傘の模様がおなじになっています。

扇子屋さんがあったので一応覗いてみたら…
なんと!!


蝙蝠扇があるではありませんか!!!
しかも檜扇みたいな馬鹿でかい大きさのではなくて、男物の扇子くらいの大きさ。
模様入り。片面張り。
値段も安く3千円ほど。
私が欲しかったものです!!
いろんな模様があったので散々迷いましたが
あじさいにしました。
本当は飾り用らしいのですが、そんなの関係ねえ。
うれしすぎておかしくなりそうです。

以上、お買い物旅行でした。

拍手[2回]

PR
【2014/04/22 15:24 】 | 旅行 | コメント(0)
京都に行ってきました 2014 その3
二日目は、花風さんで舞妓体験をしました。
花風さんとこは、情熱大陸で出演された男衆さん(舞妓の着付け)がいらっしゃるところで、
本格的な着付けが楽しめるところです。
付け帯等は絶対に嫌だったので、ここにしました。

オプションの地毛ゆいプランを追加しました。
どうなるのかなと思ってたところ、舞妓さん御用達の「山中美容室」さんで結ってくれるとか!
最高!!
山中美容室さんに直で行って、その後タクシーで花風まで行く、という流れでした。

大阪で分けていただいた髪結い道具を一応持って行きましたが、
根かもじは、普通の毛だからだめだとのこと、(本当はシャグマでできているらしい。)
鬢はりは長すぎてだめ、
前髪さんは髪の量が多いのにこんな大きなのを使ったら爆発する、ということでだめ、
ということで、
根かもじ→貸していただいた
鬢はり→端を切っていただいた
前髪さん→毛が少なめのものを貸していただいた
櫛差しと苞型はそのまま私のを使いました。

もう1つ気になっていたのが、
この髪の量と長さで割れしのぶは結えるのか!?ということでした。
少し髷が大きくなるけれど頑張ればいけるとのこと。
さすがです。
でもこんなに髪が多いのは初めてらしくって笑われました。
もちろん今回もびんみのいらず。


コテ当てです。私は最強の直毛ですが、そういう問題では無いようですね。

ブロッキングです

根を縛ってます

みやこ苞ができました
鬢をくくります

鬢はりを鬢の後ろの方に通して先をつとに押し込みます。
鬢の前の方に毛たぼをたくさん押し込みます

曲げを2つに折ります

毛先を根本に巻きつけます

前に倒して(半分に折る)きつく縛ります
剛毛なので、びよよ~んて止まらないかと思ってハラハラした。

2つに割って細い髪の毛の束をクロスにかけていきます

整え中

前髪を作ってます
前髪の先は髷の根本にでも巻いたのかしら

出ました赤元結!!
テンション上がる。

鹿の子がはいりました。
この鹿子は、丸ぐけにしてあるやつじゃなくて、
ありまち鹿の子という特殊なシボがある平たい鹿の子に、
綿を入れてクケてナマコみたいにしたものを
上と下に1つずつ入れてまち針で止めます。

細い髪の毛の束を鬢の下線に沿わせてくっつけます。
紺紙も3枚ずつ貼り付けます

出来上がり!早い!安い!うまい!
鬢の形も、鬢はりは同じなのに大阪の時と全然違います。
これぞ京鬢!私の顔によく合う形にして下さいました。
ここが大事ですよね!
すっごく綺麗に結う人は若い方で最近たくさんいますけど、
その人の顔に合わせて鬢を小さくしたり、広げてみたり等の調節はしない紋切り型の人が多い。
だからなんか不自然なんです。
でもやっぱり本職さんは違いますね!感激。


次は花風さんです。
衣装選び、結構時間かかっちゃいました。
いいな、と思っても似合わなかったり…
シミがいっぱいだったり…

衣装は…あまり良いとはいえませんね。
他行ったこと無いのでわかりませんが、
ちょっと少なめで傷んでます。
今回きた着物も裾の持つところがビリビリでした。


鬢付け油をぬって水白粉を塗ってくれてます。
泥パックな感じ。
粉白粉をその後ぱふぱふ。

眉毛はかなり時間をかけて書いてました。
鼻の横には影も。
アイラインはかなり分厚く書きました。
口紅は割れしのぶなので下唇だけ。

できました。
簪は梅で金色の雄しべ。

鹿の子どめは雄しべにあわせて金色で。

着付けは例の男衆さんが来ました。
テレビで見るよりデカイし声低いし煙草臭くて
コエー ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
でも着付けは当たり前ですけど
早い。
真っ直ぐしてなきゃいけないので、一体何がどうやって仕上がったのか私には見えませんでした。
動くと・・・
乳から股まで全部帯やないかい!!
ってかんじでした。
それもそのはず、その辺り一帯しごきでぐるぐる巻き、帯揚げには板を入れてますから・・・
ほんとに股ギリギリまで帯なんですよ笑
うへぁ変な感じ!しかもこっぽり高いから怖い~だらりで後ろに重心が~
日本髪で頭ぶつけそう~お引きうまく持ちあげられない~手がだるい~
もう大変。
舞妓さん大変すぎない、これ。

でも最後の方にはコッポリも慣れて楽しかったですよ!
あれならちょっとコレクションに加えてもいいかも…
ただ、コッポリの鈴ってあんなに鳴るんですね!
恥ずかしかった笑

じゃーん
人生初のピンク色。案外似合ってました。
あまりにもブサイクだったのでこれぐらいで自主規制します。

だらりのクロスラインが流石です。
やっぱりだらりは嬉しくってニヤニヤです。

以上、舞妓体験でした。
お白粉は、クレンジングオイルとティッシュとタオルで
一生懸命のけます。
手間取ってすみませんでした。

拍手[1回]

【2014/04/08 15:25 】 | 旅行 | コメント(0)
京都に行ってきました 2014 その2
山田松香木店に行きました。
平安時代のお香は練香だったので、
練香が充実しているところを選びました。

平安時代から伝わるレシピ
六種の薫物という6種類の練香があるのですが、
ワクワクしてそれを臭ったところ…
くさい!

な、なんだこれは…!(がっくし

…ということで

平安以降に作られたレシピのもので一つだけ好きなのがあったのでそれと、
六種の薫物の中で一番マシだった「黒方」を購入しました。

炊いたらどうなったかはまた今度…

あとは印香というのも欲しかったので
買ってみました。

とってもかわいいです!
勿体無くて使えない。

次は風俗博物館に行きました。
以下、装束好きが見る風俗博物館~  

金色の海賦文です
珍しい

裏山吹?
   
赤い末濃綺麗

喪に服しています
鈍色です

切りっぱなしの几帳
袴は萱草色です

かもじです。
すごい付け方笑

琵琶です。
いいなーしてみたい。

和琴かな?

若菖蒲に松重かな、右は雪の下

柳?

藤。

花橘。

お産です。

生霊が笑
よく出来てます。

道長の最後。

紫の縁でお披露目されたという装束です
行かれた方いますか?
珍しい文様ですよね。

新しい展示の竹取物語です。
おうな。髪型がたまむすびです。

侍女です。

翁。

天の王です。

これに似てません?
孝明天皇の礼服です。


かぐや姫。

かぐや姫後ろ。
かぐや姫は平安初期の服だけど天女は奈良時代ですね。
う~ん難しい…

こんな調度ほしい~!

唐櫃。平安時代の衣装入れ。

最後に人形とぱちり。
装束が新調されていて綺麗でした。
青い単が良い!

めがねのけるの忘れた

ひとへがさね。

この後西陣織会館に行きました。
展示物を見ようと思ったのですが、
しょぼすぎる!
きものショーもしてたのですが、
微妙な着物!
でも外国人は写真とってて楽しそうだったなあ…
織物体験・十二単体験に行く以外はやめておいたほうが良さそうです。

そのあとは斉藤専商店さんとこに行ってマイ装束の相談。
どこまで平安朝にするか決めました。
縫う方がご病気だそうで、時間がかかるかもしれませんが、
何買ったかはお楽しみ!

拍手[0回]

【2014/03/29 20:41 】 | 旅行 | コメント(0)
京都に行ってきました 2014 その1
今回は黒田装束店で汗衫を体験しました。
本当は衵と単だけなのですが、
こだわりで束帯の表袴と、十二単の衣(衵が沢山ないため、)と、
細い当て帯を追加して頂きました。

これを目標に行きたいと思います!

まず袴です。着物を着ていったので襦袢の上から着ています。

次表袴です。
束帯用で幅が狭いので少し窮屈になっています。

単です。

五つ衣一枚目です。
緑と白の組み合わせはほんとに優雅ですね!

五つ衣2枚目です。

五つ衣3枚目です。

五つ衣4枚目です。

五つ衣5枚目です。

どうせならということで打衣です。

上着です。

後ろ姿。

襟の重ね方を変えました。平安時代風に単から変えています。

完成です!
今回は化粧も頑張ってみました。
粉おしろいを刷毛で薄く塗っています。

髪の毛綺麗でしょ


似てますか?



黒田さんとこの装束はほんとに綺麗ですね。
奥さんもやさしい方ですから着付けの間もおしゃべりして楽しいです。
皆さんも是非行ってみてください。

拍手[1回]

【2014/03/28 22:37 】 | 旅行 | コメント(0)
大阪に行ってきました
大阪に行くことになったので、せっかくなので結ってきました。
現代の京鬢をちゃんと結ってもらったのは、これが初めてです。
どきどきでした。
初めが灯籠鬢、次が葵髱ですから…
髷は、早くしないとやばい!と思っていた桃割れです。
幾岡屋さんによると、京風だとわれしのぶになるそうで、今まで桃割れとどう違うのかと思っていたのですが、場所で名前が違うだけなんですね。
だからこれは割れしのぶになるのかな?
梅雨らしく、あじさいのつまみと、象牙風の櫛、玉簪です。
若い髪形ですが、つい好みで地味にしてしまいます。
ばあちゃんとお母さんが喜んでくれました。桃割れ桃割れうるさかったので笑
それと、遂に日本髪用にコンタクト作ろうかと思ってしまいました。
鬢がかわいそうで…。眼鏡っ子はどうしているのでしょうか。

美容室の名前は出したらだめだそうで…。でもちょっと怖かったのでまあ。
あ、でも鬢張りと髱型を売ってくれました。髱型はちょっとお手本ないと自作できないですからね!



実はこれ美容師専門学校で行った旅行だったんです。
学校行ってたからブログも更新できなかったと。
でも病気が悪化して行けなくなり、やめてしまいました。泣きたいのはこっちだよ!笑
美容師免許が無いと、首から上を触ってお金をもらったら法律違反なんです。
髪結いさんの夢が…まあ、後何年後になっても治って行きたかったら行きますよ!

拍手[0回]

【2012/10/10 16:48 】 | 旅行 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ>>